BLOG ブログ

ウオノメ(魚の目)、タコが痛くなくなる?!

ウオノメ(魚の目)、タコが痛くなくなる?!

ウオノメ(魚の目)、タコが痛くてお困りのお客様がご来店されました

小指の下にできたウオノメが痛いというお客様がご来店され、足型測定をして足に合った靴とオーダーメイドインドを入れる事でだいぶ楽になってお帰り頂きました!

50代 女性 右の小指の下の ウオノメが痛いとご来店 (カウンセリング)

ソファーに座って頂き、お悩みを聞かせて頂きます。

どのくらい前から痛みますか?
今履いている靴はどんな靴ですか?
お仕事でよく歩きますか?
お仕事中はどんな靴を履いてますか?

など色々聞かせて頂いて、清掃員の仕事中に痛くなることが多いという事でしたので、
お仕事中に履ける靴を探すことにしました。

つづいて、足型測定をします。

足型測定
測定器の上にのって頂き、10秒ほど待っていただきます。足の長さ、幅、足の強く体重がかかる場所、外反母趾、内反小趾などの角度が分かります。

測定結果にはハッキリと写ります。

ウオノメ足型
足圧結果には右の小指の下に丸い青い部分があるのが分かります。
ここがウオノメがある場所です。

測定結果にはハッキリと写るんです。

足長や幅から想定しておススメのサイズ23.0㎝の4Eの靴を探してみる事にしました。
(あくまで目安ですが)

そもそも、ウオノメがなぜ起きるか知っていますか?

公益財団法人 日本皮膚科学会では、以下のような記述があります。
------------------------------------------------------------------------------------------
ウオノメやタコの原因である「特定の場所の皮膚への慢性の刺激」は、窮屈な靴、長時間の歩行、足の変形、歩き方の異常、年を取ったり病気などによって脂肪組織が減少したり、浅い所に固い骨や関節があるなどの色んなことで生じます。このような圧迫因子を見つけて、可能な限り除去することが予防と治療の両方にとって最も大切です。圧迫の原因が除去されない限り、治療を続けても中々治らないばかりでなく、一度治っても必ずと言っていいほど再発するからです。どんな原因にせよ不適切な靴が一枚かんでいることが多いので、皮膚科でウオノメやタコと診断がついたら勿論ですが、あやしいなと思ったら早めに専門の靴屋さんに相談されることも大切です。適正な靴に替えただけでウオノメが治ることもあります。

公益財団法人 日本皮膚科学会 一部抜粋:https://www.dermatol.or.jp/qa/qa23/q15.html
------------------------------------------------------------------------------------------
ちょっと難しく書いてありますが、

靴の中で足が動いてしまうような合わない靴を履いていると、こすれる箇所や強く当たる箇所にウオノメやタコができてしまうんですね。

大切なのは当たらない靴を履いて、足が靴の中で動かないことです!

靴のサイズ確認
お客様に合いそうな靴を3足~4足お出しして、順番に履いてもらいます。

かかとをしっかり地面につけた状態で紐を結び、足が動かないようしっかり合わせます。
手で触ってどのくらい余裕があるか丁寧に確かめます。

価格や素材、デザインもバラバラなので何度も履いて「歩き心地」を確かめてもらいます。

色々試履きをして頂いて、履いた感じが一番いい「23㎝4E」の靴を選んでいただきました。

ウオノメ対策には「パット調整」が一番です!

オーダーメイドインソール作成
足に合っている靴と正しい履き方をして、だいぶ痛みは和らいだようですが、まだ少し痛いという事でしたので、中敷きにパット調整をしてみる事にしました。

選んでいただいた靴の中に入っているインソールを抜いて、裏側にパット調整を施します。

五分ほどお待ちいただきます。

調整が終わりましたらもう一度インソールを入れて、店内を歩いて頂くと、とても快適に歩くことでできてお客様にも喜んで頂きました!!

もちろんアフターフォローもします!

長い時間履いた時にどうなるかまだ分かりませんので、しばらく履いてみて何か不具合がありましたら無料で再調整しますので、お気軽にご相談ください!

パット調整やオーダーメイドインソールは、今まで履いていた靴にも対応可能です。
入れたい靴を持ってきてご相談ください。

料金は、
パット調整は 1,500円~ 
オーダーメイドインソールは 10,000円(税込)です。

この前は、自衛官さんの靴にオーダーメイドインソールを入れさせて頂きました。自衛官さんも足に合わない靴に苦労されている方多いんですね。

全く痛みを感じなくなるのは難しいですが、お仕事用のパンプスにもできます。ぜひご相談ください!

かなり長くなってしましましたが、最後まで読んでいただいてありがとう御座いました!!

(今回のブログに使用した写真はイメージです)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。