• Stacks Image p582_n4
  • Stacks Image p582_n7
  • Stacks Image p582_n10

あなたにピッタリ合った靴を!

Stacks Image 157

 履きよい靴とは?

靴は履き良くなければなりません。
そうでなければ足に、さらに負担がかかってしまいます。
履き良い靴の第一条件は、言うまでもなく靴の大きさが足の大きさに合っているということです。

さてそれでは、私たちの足の特徴はどうなのでしょうか?

まず、足の大きさは、長さと太さを併せた形として捉えることが大切です。足が大きいとか小さいとか、靴のサイズは25だとか言いますが、これらは普通、足の長さのことを意味して使われているようです。

ところが、足の大きさは爪先からカカトまでの長さだけでなく、幅あるいは太い・細いと言うように立体的に見る必要があります。でなければ、足が太い人も細い人も長さが同じならば同じ靴を履くことになり、どちらかの人はフィットするはずがありません。日本人の足は「甲高・幅広」といった話は、この立体的な捉え方によるものです。

ところで、この「甲高・幅広」が日本人の足の特徴、と思い込んでいる人がいます。
しかし実際に多くの人の足を計ってみると、それほど単純でないことが分かります。長い足・短い足、太い足・細い足と驚くほど広い範囲に及んでいます。そして靴作りにとって幸いなことに、その分布はかなり規則的です。諸外国でも、同じようにかなり広い範囲に規則的な分布をしています。

私たち日本人の足 は、ひとまとめに甲高で幅広と特徴付けられるほど単純ではなく、また複雑だと言っても他の国々の人々に比べて、特殊というわけでもありません。まずは、自分の足の形(特徴)を知ることが、足のため、履き良い靴選びの一歩です。
Stacks Image 449

シューフィッティングの様子

Fit My Video Tag

 実践シューフィッティング

A:足のユビが爪先に当たらない。
歩くと足は、靴の中で前後に動くため、爪先に余裕がないとユビを痛めます。靴の形で異なりますが、ゆとりの目安は約1センチです。

ユビの上も少し隙間が必要です。ユビが押さえつけられていると、ユビの関節部の上面にたこができたり、ユビの間に魚の目ができ、爪や骨が変形することもあります。
あたらないことをチェックしてください。幅は、親ユビと小ユビが側面から圧迫されず、そっと触れている程度がベストです。


B:足と靴幅(靴の太さ)と曲がる位置が合っている。
親ユビと小ユビの付け根の関節(ボール部)をグルッと一回りした長さ(足囲)に対して無理がないことが大切です。

甲革が足の形に張り出す場合は、幅のサイズアップを、また甲部に不自然なほど深いしわが、つま先立ちした時にできる場合は足囲に対して靴幅が大きいと言う目安になります。靴のデザインにより異なりますが、基本的には足の甲に靴が緩くもキツくもなくフィットしていることがポイントです。さらに足が曲がる位置(ボール部)と靴のアーチの基底(幅が最も広いところ)とが同じ位置で一致していることも、確かめてください。


C:土ふまずがフィットしている。
土ふまずのアーチが合っていること。足の長さは同じでも、アーチの長さは個人差があります。アーチを中底とアッパーがぴったりと支え、締めつけもゆるみもない状態が大切です。

土ふまずの長さがあわずに体重をかけて歩くと、靴の形を崩しそのため歩行のバランスが狂うことで疲れの原因となります。
土ふまずのアーチ部は、軽く足に触れている程度がベストです。


D:クルブシ位置が合っている。
口廻り(トップライン)が外クルブシにあたらず、ぴったりしていることが大切です。離れすぎていると靴の形がわるく見えるばかりか、歩きにくくなります。


E:アキレス腱が圧迫していないこと。
ヒールカーブの隙間は足を前方に押し付けた時、小ユビの第一関節までが入る程度のスキマがあればOKです。そしてヒールの真上に、しっかりと重心がくることが大切。安定し、カカト全体が包まれる感じがポイントです。
以上のポイントを踏まえて、実際にフィッティングをしてみましょう。
Stacks Image 488

 足の正確なサイズを知る

快適な生活をするためには自分にあった靴を選ぶことが重要です。

間違った靴選びは脚のトラブルを招くだけでなく、膝や腰などの関節をいためてしまう恐れもあります。

自分にあった靴を探すポイントは正確なサイズを知ることです。靴の専門店等で計測してもらうことをお勧めします。

シューフィッティングの様子

Fit My Video Tag

商品のご案内について

ウォーキングシューズ 
Stacks Image p581_n13
Stacks Image p581_n16
Stacks Image p581_n21
ダンロップやヨネックス、ミズノ、アサヒなど普段履きや本格ウォーキングシューズなど「歩きやすい靴地域一番店」を目指して品揃えしました。
ゆったりとしたスペースで、試し履きをして店内を歩いて頂けます。
紳士靴 
Stacks Image p581_n35
Stacks Image p581_n38
Stacks Image p581_n43
普段履きで履けるカジュアルな靴やお仕事用のビジネスシューズなど歩きやすくて長く履ける、そんな商品を取り揃えております。
婦人靴 
Stacks Image p581_n57
Stacks Image p581_n60
Stacks Image p581_n65
長く履いても疲れにくい商品を数多く取りそろえています。普段履きの他にも学生用ローファーや勘光葬祭用のパンプスなどもございます。
その他 
Stacks Image p581_n79
Stacks Image p581_n99

お子様の成長に合わせて下は13センチから上は24センチまで幅広いサイズを品揃え致しました。

各近隣小中高学校の上履きも取り扱っております。

Stacks Image p581_n111
Stacks Image p581_n114

リハビリ用シューズも豊富にございます。

足指まっすぐ靴下 
Stacks Image p581_n128
Stacks Image p581_n130
Stacks Image p581_n126
履くと足指がまっすぐに伸びるので指でシッカリ蹴り出すことが出来るようになります。
外反母趾の改善にもきたいできます。
また、足全体を適度に刺激するので、血液循環が改善します。なので、血行低下による下半身の冷え、むくみの解消も期待できます。

ご愛用者様の声

Stacks Image p581_n138
立ち仕事をしていると足がだるくて辛かったのですが、これを履くと夜になっても疲れないので仕事が捗ります。
(牛久市在住 Tさん 30代 製造業)
Stacks Image p581_n147
外反母趾が目立たなくなって、つまずくことも少なくなりました。
また長年悩んでいた腰痛も楽になったので、他の靴下は履けません。
(牛久市在住 Hさん 60代 施術院)

足のお悩み、足から健康を考えたい!
ノルディックウォークについて、まずご相談下さい

Stacks Image p580_n8

お問合せはこちらへ

029-873-2725

Stacks Image p303_n24
有限会社サワムラヤ

代表取締役 : 入江 秀夫(五代目)
 
 (法)日本ウォーキング協会認定指導員
 (社)全日本ノルディック・ウォーク連盟
 (社)足と靴と健康協議会
  ウォーキングライフマイスター
  シューフィッター取得
  NPOオートティックソサエティー
  フットケアトレーナー

 住  所 : 茨城県牛久市中央3-27-4
 電  話 : 029(873)2725
 営業時間 : 午前10時~午後8時
 定休日  : 水曜日

  *不二家牛久店となり・駐車場15台分ございます
Stacks Image p303_n35