平成の遣唐使オフィシャルシューズ
平成の遣唐使オフィシャルシューズ(1997年4月〜6月)
写真提供:朝日新聞社
[写真提供:朝日新聞社]
遣唐使が歩んだ道のりをたどった「平成の遣唐使」。日中国交正常化25周年を迎え1997年4月に奈良の平城京を出発、大阪から海路で上海に上陸。南北2つのルートに分かれ、唐代の都「長安(現在の西安)」までの1500キロをあるきました。その隊員の足を1500キロ・約2ヶ月にわたって支え続けたのがワールドマーチでした。 歩行後のアンケートでは「歩きやすさ」「底厚」「着地時のかかとの安定性」「全体の耐久性」などにおいて、ほぼ満点に近い評価を得ました。