ワールドマーチオンラインショップ ウォーキングシューズワールドマーチ専門オンラインショップ

サワムラヤ靴店 TEL029-873-2725
ABOUT US PRIVACY SUPPORT SATE MAP COLOMN ご利用規約



靴は履き良くなければなりません。そうでなければ足に、さらに負担がかかってしまいます。履き良い靴の第一条件は、言うまでもなく靴の大きさが足の大きさに合っているということです。

さてそれでは、私たちの足の特徴はどうなのでしょうか。まず、足の大きさは、長さと太さを併せた形として捉えることが大切です。足が大きいとか小さいとか、靴のサイズは25だとか言いますが、これらは普通、足の長さのことを意味して使われているようです。

ところが、足の大きさは爪先からカカトまでの長さだけでなく、幅あるいは太い・細いと言うように立体的に見る必要があります。でなければ、足が太い人も細い人も長さが同じならば同じ靴を履くことになり、どちらかの人はフィットするはずがありません。日本人の足は「甲高・幅広」といった話は、この立体的な捉え方によるものです。

ところで、この「甲高・幅広」が日本人の足の特徴、と思い込んでいる人がいますが、しかし実際に多くの人の足を計ってみると、それほど単純でないことが分かります。長い足・短い足、太い足・細い足と驚くほど広い範囲に及んでいます。そして靴作りにとって幸いなことに、その分布はかなり規則的です。諸外国でも、同じようにかなり広い範囲に規則的な分布をしています。

私たち日本人の足 は、ひとまとめに甲高で幅広と特徴付けられるほど単純ではなく、また複雑だと言っても他の国々の人々に比べて、特殊というわけでもありません。まずは、自分の足の形(特徴)を知ることが、足のため、履き良い靴選びの一歩です。

足のサイズを測ってみよう
それでは、(株)ムーンスターのHPの「靴についての」−足のサイズを測ってみようーを利用して、
私と一緒にお客様の足を測ってみましょう。
 

http://www.moonstar.co.jp/whatshoes/select/size.html  こちらのページを開いて下さい。

この様なページが開いたと思います。

プリンタ(A4サイズが印刷できるもの)をお持ちの方は、四角で囲んだところから「お子様用」と「大人用」を選び、計測用紙と使用方法をダウンロードして、プリントアウトして下さい。

プリンタのお持ちでない方は、このページをお読みになりご自分の足長と足囲を測って見て下さい。今回は、計測用紙を使用しての計測方法をご紹介したいと思います。ご了承ください。

このページは、まだ使うので消さずに最小化して下さい。


こちらの用紙がプリントアウトされたと思います。(こちらは大人用です)
使用方法に従い、「足の計測表」の用紙をのりで繋げて左端を点線で切り取って下さい。


それと、厚みのある本を一冊ご用意ください。


これで準備は完了です。
では、実際に測ってみましょう。


まず、本を用紙の横線の上に載せ、縦線の上に踵の先端と人差し指の中心が来るように、足を置きます。
本を踵からつま先の方へ移動し、縦線と垂直になる様、指が当たるまで移動します。
つま先が当たった位置の数字に印を付け、長さを読んでみましょう。それが、足長になります。
次に、切り取った細い紙を裏にして置きます。
その上に、親指の付け根と小指の付け根(指の屈曲ポイント)が、用紙の中心にくる様に、足を置きます。
紙を甲まで回して、紙の重なり部分に印を付け、数字を読みましょう。それが、足囲になります。


どうでしょうか?測れましたでしょうか?
同じ事を反対の足も行って下さい。ほとんどの方が、左右の足のサイズが違っています。靴選ぶときは、大きい方の足に合わせましょう。
それと、足は、むくむ時間帯があります。できれば、14時から15時ごろの一番むくんでる時間帯をお勧めいたします。

一人でやるとなかなか大変なので、ご家族やご友人のに測ってもらいましょう。それと、こちらの測定法は、あくまで目安となるものです。正確に足のサイズを知りたい方は、シューフィッター等がいるお店に行くともっと正確なカルテを作ってくれます。もちろん(有)サワムラヤ靴店で無料でお測り致します。

シューフィッター検索はこちらから http://www.fha.gr.jp/search/index.html (FHA 足と靴と健康協議会より検索できます。)


そこで測った数値を先ほどの(株)ムーンスターのHPの「靴についての」−足のサイズを測ってみようーの上の方のサイズ自動計測に記入をして下さい。(ミリ単位でお願いします。)
その下にある、サイズ一覧表でも見ることができます。

どうでしょうか?ご自分の足は、何Eだかわかりましたか?
ちなみに私は、足長256mm、足囲255mmでしたので、2Eでした。

以上が、足のサイズの測り方です。
今度は、靴選びのポイントをご紹介しましょう。


靴選びのポイント
お客様の靴のサイズが分かったとこで、実際どんな靴がいいか靴選びのポイントをご紹介したいと思います。
A
足のユビが爪先に当たらない。歩くと足は、靴の中で前後に動くため、爪先に余裕がないとユビを痛めます。靴の形で異なりますが
、ゆとりの目安は約1センチです。
ユビの上も少し隙間が必要です。ユビが押さえつけられていると、ユビの関節部の上面にたこができたり、ユビの間に魚の目ができ、爪や骨が変形することもあります。
あたらないことをチェックしてください。
幅は、親ユビと小ユビが側面から圧迫されず、そっと触れている程度がベストです。
B
足と靴幅(靴の太さ)と曲がる位置が合っている。親ユビと小ユビの付け根の関節(ボール部)をグルッと一回りした長さ(足囲)に対して無理がないことが大切です。
甲革が足の形に張り出す場合は、幅のサイズアップを、また甲部に不自然なほど深いしわが、つま先立ちした時にできる場合は足囲に対して靴幅が大きいと言う目安になります。靴のデザインにより異なりますが、
基本的には足の甲に靴が緩くもキツくもなくフィットしていることがポイントです。さらに足が曲がる位置(ボール部)と靴のアーチの基底(幅が最も広いところ)とが同じ位置で一致していることも、確かめてください。
C
土ふまずがフィットしている。土ふまずのアーチが合っていること。足の長さは同じでも、アーチの長さは個人差があります。アーチを中底とアッパーがぴったりと支え、締めつけもゆるみもない状態が大切です。土ふまずの長さがあわずに体重をかけて歩くと、靴の形を崩しそのため歩行のバランスが狂うことで疲れの原因となります。
土ふまずのアーチ部は、軽く足に触れている程度がベストです。

D
クルブシ位置が合っている。口廻り(トップライン)が外クルブシにあたらず、ぴったりしていることが大切です。離れすぎていると靴の形がわるく見えるばかりか、歩きにくくなります。

E
アキレス腱が圧迫していないこと。ヒ
ールカーブの隙間は足を前方に押し付けた時、小ユビの第一関節までが入る程度のスキマがあればOKです。そしてヒールの真上に、しっかりと重心がくることが大切。安定し、カカト全体が包まれる感じがポイントです。
以上のポイントを踏まえて、実際にフィッティングをしてみましょう。


実践フィッティング
私が、選んだ靴はPRIDE9000のブラックです。(3E)
私の足長と同じサイズ、26.0をためし履きしてみたいと思います。
指先に余裕があり、靴の中で指を自由に動かせる事が出来ました。
これで、チェックポイントAはクリアです。
次にチェックポイントBですが、この靴が3Eの足囲になってます。
私の足は、2Eでしたので、ちょっと大きいようです。案の定、指で押してみると指の付け根部分(ボールジョイント部)に隙間が空いていました。チェックポイントBは保留にしておきます。
私の土踏まずは、少しアーチがめなのか、靴のアーチがもう少しあってもいいような感じがします。なので、チェックポイントCも保留します。
チェックポイントDとEは、圧迫感もなく問題なしでした。
ここで、保留にしていました、BとCを改善する為、インソールを厚めの物と交換しました。
すると、ボール部の隙間も厚めのインソールにより、足が持ち上がり解消されまいた。また、土踏まずのアーチの隙間も無くなり安定するようになりました。
これで、自分の足に合ったフィッティングは完了です。

最後に、シューレースを赤に変えて、サワムラヤ靴店オリジナルシューズプレートを付けてみました。

実際この靴で、霞ヶ浦ウォーキング大会に参加しましたが、20キロ歩いても足に痛みも無く歩くことができました。




なかなかご自分で行うのは難しいですが、以上のチェックポイントを踏まえて、フィッティングすると、うまくいくと思います。必ず、両足履いて、踵をぴったりとつけて靴ひもをしっかり絞めた状態で行って下さい。
国内のほとんどの靴には、日本JIS規格に基づいたサイズ表示(足長、足囲等)が表示してあります。
しかし、足入れ感は同じサイズ表示でもデザイン、製法、素材によって少しずつ違います。なので、履きやすい靴の感覚を覚えておくことが必要です。

ワールドマーチオンラインショップHOMEへ

Trademark and Copyright, 2009, ShoesShop SAWAMURAY